NO ANCHOVY, NO LIFE!

王子とご縁


久々の更新になってしまいました〜
コメントのお返事も遅くなってごめんなさい



e0207511_2332640.jpg


名前に誘われ&猫神がいるということでpiu'王子を連れて【王子神社】に行ってきました
天照大神の第三王子・天津日子根命がまつられている神社で
学業成就・商売繁盛をはじめとする開運の神様


e0207511_2334567.jpg


こちら猫神
昔、庄屋の娘お松は、自分に罪をかぶせた人に報復するようにと愛猫のお玉に言い聞かせ亡くなった。
お玉はお松に罪をかぶせた人々を祟ったため、長谷川奉行がこれを鎮めるべくお松とお玉の霊を祭った。
これがいつしか「心願成就の猫神」となったそうだ(wikiより)

e0207511_2331616.jpg


これから山と海を移動するpiu'王子、オッティマ、家族みんなが
元気に過ごせるように願って


e0207511_2333778.jpg


君が代の歌詞にでてくる「さざれ石」
実在するもの、こんなふうに見れるものとは思ってませんでしたが王子神社にありました
阿波神山・佐那河内産の神凝り石と呼ばれてます
長い長い年月をかけて地熱と巨大な圧力で凝結した美しい緑色の石
阿波の国では昔から神霊をよりつかせるものとして神事に用いられていたそうです

しかもこの石、全国各地の天照大神をまつる神社、たとえば伊勢神宮や京都の上賀茂・下賀茂神社にもあるんですって!
この阿波の国から、そんな立派なところへ神を呼ぶ石がいってるだなんて
阿波の国、ますます神秘的だなあと思うのでありました
[PR]
# by ritokotoG | 2010-10-29 23:33 | 阿波お国自慢

神様の分け前


先日まこりんさんから神様の分け前、お裾分け(素敵な言葉)で、美味しいものをいろいろ頂きました

e0207511_22433640.jpg


お裾分けの全乳粉を使って、全粒粉のうずまきパンを作りましたヨ
ほのかに甘くて、優しい味


e0207511_22452388.jpg


お裾分けのチーズで、カネロニ(マカロニが大きくなったもの)

e0207511_22454158.jpg


中につめたソースは、ベジ仕様・茄子と玉ねぎを炒めたもの
自家製トマトソース+とろーーりチーズ
美味しかったです〜(Gさん 作ってくれてありがとう)

まこりんさん、幸せのお裾分け、どうもありがとうございました


おまけ

e0207511_2248015.jpg


私たちの朝ご飯を狙おうとするチョコでした お皿かじってるし...(涙)
[PR]
# by ritokotoG | 2010-10-25 22:51 | 山の暮らし

海の家


写真はイタリアポルトヴェネレ+周辺

e0207511_21345663.jpg


イタリア遊学以来、山の家と、海の家を持つことがひとつの夢でした
人の縁、つながりで、こんなにも早く見つかるとは思っていませんでしたが
私たちの海の家に巡り会えました


e0207511_21341492.jpg


海まで30秒 毎日こんな風に釣りが楽しめます
今の山小屋同様、何年か人が住んでいない&荷物そのままなので
またまた、大掃除の日々が始まります...
(だぁれぇかぁ〜お手伝いきてください〜)



e0207511_2134851.jpg


写真はポルトヴェネレ+周辺
3年前、1ヶ月イタリアを旅した時、ふたりとも大好きになった街
去年はイタリアでお友達になったKちゃんに連れていってもらった


イタリアの人は家族、家族との時間をものすごく大切にしています
家族が楽しく過ごせるように、季節に応じて快適に過ごせるように
みんなで働いて、みんなで何年もかけて海の家を作ったという話を聞いて感動もしました
実際にそのお家に遊びに行かせてもらって暖かな時間を一緒に過ごさせてももらいました

私たちには新しいお家を建てることはできないけれど、
今ある使われていない古い家を私たちの手でキレイにして、大事に使わせてもらおうと思っています

本当に、人の縁、つながりで
世界は広がって行くんだなあ

半山半海の暮らしが始まります
山と海とつながっていくこころ
[PR]
# by ritokotoG | 2010-10-22 21:43 | 海の暮らし

第九がはじめてお披露目された街


徳島県鳴門市坂東というところに
第一次世界大戦後、中国から連れてこられたドイツ兵の俘虜収容所がありました

e0207511_2228682.jpg


その収容所での暮らしを総括していた松江所長が、俘虜達が人道的に過ごせるように計らい
俘虜たちは、収容所という中でも、楽しみをみつけて、ある程度自由に暮らしていました

その中でうまれたのがオーケストラ、音楽隊でした
最初は楽器を自分たちで作り、地元の人との交流も含め、さかんに演奏活動をしていました
そして日本ではじめて「交響曲第9番 歓喜の歌」が徳島でお披露目されたのです!!!
男性だけなので、譜面もすべて男性パートで歌えるように書き直したり
とても入念に練習が繰り返され、本番は大盛況だったようです

ミュージアムの中は写真撮影禁止だったのでお見せできないのが残念だけれど、
収容所の敷地内で畑、家畜、パン屋さんなどいろんなお店が建っている様子が見れます
そこで、ほとんどの生活品、食料を補えていたようです
ドイツ人、みんなマイスター、技術をもった方がたくさん集まってたんだなあ


最初の写真は日独友好の証 俘虜が解放されることが決まって地元民と建設されたドイツ橋
大麻山県立自然公園の大麻比古神社奥にひっそりと残っています
こうして、石橋の建設、パンやチーズなどの作り方などが
鳴門に入って来て、今でも当時の味を大事に残しているお店もあるんですよ


e0207511_22303920.jpg


大麻比古神社の入り口にある 樹齢800年の楠の木

e0207511_2236147.jpg


こんな表情をしてる木、あんまり見たことがなくって、じいいっと見てました
いろんなことを見守ってきたんだろうなあ

e0207511_2237066.jpg


阿波の国
まだまだ知らないことがたくさんありますが、知れば知るほどとっても神秘的なことが多いです
阿波踊りだけじゃないってことを、ときどき紹介していこうと思っています
お付き合いくださいね〜
[PR]
# by ritokotoG | 2010-10-20 22:47 | 阿波お国自慢

薪風呂


ちかごろのパン
【自家製酵母で作るワンランク上のハード系パン】を参考に作っています
天然酵母のパンは、感覚で作れるので、O型な私にぴったり(!?)
元気に生きてる酵母のパン作りは楽しいなあ

e0207511_21205159.jpg


めりっと割れてくれたので記念撮影:全粒粉のカンパーニュ


さて、先日の薪で風呂を焚くの続きですが
こんな感じです

e0207511_2120464.jpg


えっと、子供たちがものすごくじゃましてますけど
いつもこんな感じです

もうワンカット、爺に撮ってもらいました

e0207511_212044100.jpg


チョコ〜あなた火傷するよ

長府風呂窯 
古民家の古いお風呂についていたものを山小屋のお風呂に運んでもらいました
焼却炉兼風呂窯と書かれています なので紙のゴミも一緒に燃やしています
奥の丸いものが石油タンク
石油でも薪でも燃焼できるみたいです


e0207511_21203930.jpg


夜、ぴゅーたんはお外に出られないので
まみちょっぷ夫婦に頂いた猫じゃらしでストレス発散
遊びすぎて、ちょっと休憩中 べろでてるし...
かなり遊んでるよ〜 ありがとう☆
[PR]
# by ritokotoG | 2010-10-19 21:40 | 山の暮らし