NO ANCHOVY, NO LIFE!

カテゴリ:海の暮らし( 83 )

昭和レトロ


大助っ人、私の両親がやってきてくれて一緒に(本当に感謝 でもね、私の携帯電話持って帰っちゃたんですよ〜驚愕)
この週末から本格的に【海の家】のお掃除をはじめました

さて、荷物がいっぱい 部屋数もいっぱいなので、ひとつの部屋にすべて荷物を放り込むことに!
荷物を片付けていると、有り難いことに、たくっさん未使用品のものが出てきます
一個一個見てると、大変な時間がかかってしまうので、ざーざーっと

e0207511_1726328.jpg


出るは、出るは 昭和レトロ雑貨
電気を使わない、アイスクリーマー、ミンチマシーンなど
今ではとっても貴重なものですよね〜
大事にしまわれていたので、大事に使わせてもらおうと思ってます


使おうと思う部屋には、じゅうたんや、御座が引いてあったので
ぜんぶ取り払う(ものすごいホコリでしたよ〜涙)と

e0207511_17255317.jpg


↑台所の床



e0207511_17261714.jpg


↑洗面所の床
なんともいい感じでしょう?
(って、まだまだお掃除必要ですけどね...)


e0207511_17262784.jpg


さてね、みなさま、これですけどね
<写真上>壁にやかんの蓋がささってましたので取るとですね <写真下>大穴
これはネズミの仕業だそうですね
こんな大穴がいたるところにあります(滝汗;;) ねずみさんよ〜なんでそんなに穴を開けたの???
ぼちぼちとベニヤ板か何かでふさいで行きたいと思ってます 爺さんが



e0207511_17264315.jpg


玄関先で迎えてくれますお花
ああ ここは【海の家】なんだなあ

お掃除、がんばるぞーーー
[PR]
by ritokotoG | 2010-11-07 17:44 | 海の暮らし

レトロハウス



11月になりました 2010年も残すところ2ヶ月
そのあいだに、【海の家】をきれいにして、
寒さで凍る(実際に凍るんです 汗)冬は【山の家】から下りて生活できたらいいな


さて、その【海の家】はかなり古い、ぼろい、レトロです


e0207511_2156117.jpg


台所からは海が見えます(この写真ではわかりませんね)
家の中に台所があるなんて幸せ〜♪
(ご存知の方もいらっしゃいますけど、【山の家】はキッチンは屋外です...毎日キャンプです...もう寒いです...)


e0207511_21564193.jpg


こちら応接室
天井も灯りもカーテンもソファもなんだか60年代(!?)で気に入りました


e0207511_2158326.jpg


こちらは小さな納屋
お米をいれてたであろう大きなボックス さて、これは何に使おうかな〜

以前、滋賀県で田舎暮らしをしようと中古物件を探していたときは
使われていた家具や生活感がそのままある状態に、かなり引いてしまい田舎暮らしに踏み切れませんでした
イタリアでの遊学生活で、古いものを大事にするということを学び
古民家を自分たちで改装するスタイルの田舎暮らしを始めました
そうすることで今、生活している山小屋もとっても愛着がわいたし(大変でしたけどね...)
何年も空家だった家も土地も喜んでくれているような気がします

そして今回。【海の家】に縁があり
また自分たちなりにキレイにして、大切に使わせてもらおうと思っています
今回は大掃除だけにして、使えるものはそのまま使わせてもらう予定です
もう壁壊したり、壁塗ったりしないつもり(たぶん)

e0207511_21511195.jpg


【海の家】の前の海 オンジ偵察中
イカやらイワシ、メバルが釣れそうとのこと 乞うご期待
[PR]
by ritokotoG | 2010-11-01 22:17 | 海の暮らし

海の家


写真はイタリアポルトヴェネレ+周辺

e0207511_21345663.jpg


イタリア遊学以来、山の家と、海の家を持つことがひとつの夢でした
人の縁、つながりで、こんなにも早く見つかるとは思っていませんでしたが
私たちの海の家に巡り会えました


e0207511_21341492.jpg


海まで30秒 毎日こんな風に釣りが楽しめます
今の山小屋同様、何年か人が住んでいない&荷物そのままなので
またまた、大掃除の日々が始まります...
(だぁれぇかぁ〜お手伝いきてください〜)



e0207511_2134851.jpg


写真はポルトヴェネレ+周辺
3年前、1ヶ月イタリアを旅した時、ふたりとも大好きになった街
去年はイタリアでお友達になったKちゃんに連れていってもらった


イタリアの人は家族、家族との時間をものすごく大切にしています
家族が楽しく過ごせるように、季節に応じて快適に過ごせるように
みんなで働いて、みんなで何年もかけて海の家を作ったという話を聞いて感動もしました
実際にそのお家に遊びに行かせてもらって暖かな時間を一緒に過ごさせてももらいました

私たちには新しいお家を建てることはできないけれど、
今ある使われていない古い家を私たちの手でキレイにして、大事に使わせてもらおうと思っています

本当に、人の縁、つながりで
世界は広がって行くんだなあ

半山半海の暮らしが始まります
山と海とつながっていくこころ
[PR]
by ritokotoG | 2010-10-22 21:43 | 海の暮らし