NO ANCHOVY, NO LIFE!

大塚国際美術館。

e0207511_1949307.jpg


大塚国際美術館へ。
年に1度は行きたくなる場所
と思ってみたら、ちょうど1年前に行っていた→☆

本場で見るのとはもっちろん全然違うのだけれど
ちょっとした旅行気分を味わえるので好きなのです

今回はボランティアさんのガイドツアーに参加してみました

e0207511_19544242.jpg


こちらの美術館にはすべて陶板のオリジナル原寸サイズのアートが展示されています
システィーナ礼拝堂の天井は開館10周年を記念して作られました
陶版で、アールを描くのは至難の技で試行錯誤の結果、完成したそう

焼ける陶板のサイズも限られているので、8時間かけて焼かれたものを何枚も何枚も組み合わせて
ひとつのアートが完成しています



e0207511_2014532.jpg


オリジナルの色を出すために、時間もかなりかかっているだろうし
そういうのを聞くと、あらためて、すごいなぁと思うのでした



e0207511_20329.jpg


この額縁はイタリアで受注製作してもらったそうですが
なんと1億3000万円!
この額縁に限らず、立派な額縁が多かったです〜




e0207511_2043983.jpg


ジョットのスクロヴェーニ礼拝堂



e0207511_2063562.jpg


レオナルドダヴィンチの最後の晩餐




e0207511_2062267.jpg


こちらが今回お世話になったガイドさんと修復前の最後の晩餐

1999年に修復された最後の晩餐
大塚国際美術館では、修復前、修復後の最後の晩餐を同時に見ることが出来る世界で唯一の美術館です
修復前の最後の晩餐が、ここで見れるんですよー
すごいなー 徳島



けど、やっぱり、イタリアに行って、また見たいっ!!!



徳島に来て時間のあるかたは、是非☆
ガイドさんのお話も聞くと、倍楽しいですよ



e0207511_2020313.jpg


疲れたら、レストランや、カフェで一息もできます〜
海の匂いがしてきて、気持ちのいいところです



いつもブログを見に来てくれてありがとう。
応援ぽちっとよろしくです!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by ritokotoG | 2012-06-04 20:15 | 阿波お国自慢